特殊冷凍について

About Flash Freese

「冷凍すると臭くなったり、パサパサしたりしておいしくない。」
「冷凍してないもの方が鮮度が良いから冷凍は使いたくない。」

あなたはそんな風に思っていませんか?普段、ご家庭で冷凍したものっておいしくないイメージがありますよね。

信じられないかもしれませんが、実は特殊な冷凍をしたものは冷凍していないものよりも味も鮮度もいいんです。

知っている人は知っています。このことを知らないとわざわざ味も鮮度も悪いものを買った上に食べきれなかったり、場合によって無理して食べて食中毒なんてことも…。

そこで冷凍専門の当サイトがあまり知られていない特殊冷凍の安全性や本当の品質について詳しく解説。なぜ冷凍していないものより冷凍した方が鮮度が良いのかも解説しますので、冷凍のイメージに惑わされず本当に良い食材を選ぶことが出来るようになります。

是非、最後までご覧いただき、冷凍に対する誤解を捨てて正しい冷凍について理解しましょう。
 

安心安全な急速冷凍

菌の繁殖や寄生虫などによって起こる食中毒が度々話題となり、食の安全により一層、気を使っている方は多いのではないでしょうか?

そんな食の安全に欠かせないのが実は冷凍なんです。

食中毒の主な原因は菌・ウイルスの繁殖、寄生虫の3つ。

食材を冷凍すると食中毒の原因となる菌やウイルスの活動が抑えられ、増殖を防ぎます。また、最近話題となっているアニサキスなど、寄生虫のほとんどが冷凍することで死滅します。

食材の劣化が起こりにくいのも冷凍の特徴。劣化が起こりにくいため、保存料や酸化防止剤などの添加物の量を減らしたり、入れずに済んだりします。そのため、無駄な添加物を摂取する必要がありません。

冷凍することで菌・ウイルスの抑制、寄生虫の死滅、添加物の削減となるため、安心安全な食品となります。


安心安全な食品を作ることにつながる冷凍ですが、「冷凍は美味しくない」というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

実際に家で食品を冷凍すると少し味が落ちてしまったなどの経験がある方が多く、そのようなイメージがついてしまいがちです。ですが、それは大きな間違いです。

冷凍は美味しくないという時代は終わりました。

冷凍の進化により業者の間では、冷凍はいまや無理やり保存期間を延ばすためのものではありません。

鮮度の問題で届けられなかった食材をおいしい状態で届けるための方法としても使われています。

ここから冷凍の本当の力について見ていきましょう。
 

進化している冷凍技術


突然ですが、あなたは次の写真を見てどう感じましたか?

純粋に「おいしそう。」「新鮮そう。」そう思ったのではないでしょうか。実はこの伊勢海老は1度冷凍して解凍したものです。近年、冷凍は大きな進化を遂げています。

最近の冷凍食品はおいしいと感じたことがある方も多いのではないでしょうか。このおいしくなったと感じるのは急速冷凍という特殊な冷凍の技術が進化したためです。

急速冷凍とは、冷凍する際に食材の温度を急速に下げることで細胞へのダメージを防ぎ、食材の旨み成分や香りなど守ることが出来ます。


急速冷凍

家庭用冷凍庫

上記の写真は実際に家庭用冷凍庫で冷凍したものと急速冷凍したものの違いを比較したものです。家庭用冷凍庫だと旨み成分の液体が大量に出てしいまっているのに対し、急速冷凍はほとんど出ていません。

あなたが普段から使っている冷凍と急速冷凍ではこれほどの差があります。

当サイトでは、急速冷凍の中でも特に品質の高い特殊冷凍と呼ばれる最高品質の冷凍を施した食材のみ扱っています。そのため、冷凍する前のものに限りなく近い状態で食べていただくことが出来ます。

それでも、冷凍した食材では冷凍していない食材には勝てない。このように思っている方が多くいらっしゃいます。ですがこれは、大きな間違いです。

実は、冷凍していない食材よりも冷凍した食材の方が鮮度が高く美味しいと言えます。

では、なぜ特殊な冷凍を施した食材は冷凍していない食材より美味しいのでしょうか?ここから詳しくご紹介します。
 

生を超える新鮮な特殊冷凍

冷凍した食材が冷凍していないものに負けない理由は鮮度と旬の2つです。順番に解説していきます。

食材は収穫されてから消費者のもとに届くまでいくつか業者や市場を通すのが一般的です。そうすると余計に輸送など時間がかかってしまい、その間食材の鮮度は少しずつ下がっていきます。

一方、特殊冷凍の場合は獲れたらすぐに特殊冷凍し、そこで食材の劣化を止めます。それにより、食材の鮮度を獲れたてのまま維持出来るため、その後、消費者のもとに届くまでほとんど食材が劣化することがありません。食べるときには獲れたてとほぼ変わらない状態です。

そのため、冷凍していない食材よりも獲れたてをすぐに冷凍した方がご家庭に届く際には鮮度が高くなります。

もう一つは食材の旬が関係しています。

食材を一番おいしく食べることが出来るのは旬の時期です。旬の時期はある程度限定的であるため、その時期にしか食べることが出来ません。

ですが、旬の時期に獲れたものを冷凍することで旬の一番おいしい状態を長期間維持させることが出来ます。

特殊冷凍することで、旬の一番美味しい時期の獲れたての鮮度のものをいつでも食べていただくことが出来ます。
 

まとめ

冷凍の安全性、進化している特殊冷凍の品質とその鮮度の良さについて説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

冷凍だから良くないという時代は終わりました。冒頭でもお伝えしましたが、これは知らないと損する知識です。

今日から冷凍に対する誤解を捨てて、冷凍について正しく理解しましょう。その上で、特殊冷凍した美味しい食材を味わってみてはいかがでしょうか。