伊勢海老の生産者がお勧めする最高の食べ方をご紹介します
生産者の食べ方

伊勢海老の生産者がお勧めする最高の食べ方をご紹介します

2018.05.23
縁起物、高級食材として知られる伊勢海老。

食べる機会が少ないため、どんな風に食べるのが良いのかわかりませんよね。実際に伊勢海老を1番美味しく食べるにはどんな食べ方が良いのでしょうか。

そこで、実際に漁師として伊勢海老と獲り、料理人としても現地で活躍している中山さんにお勧めの食べ方を伺いました。

今回は、中山さんが特にお勧めする3つの食べ方とその作り方をご紹介します。

伊勢海老の刺身

一押しの食べ方の伊勢海老の刺身、お造り
中山さんが特にお勧めするのは、身のぷりぷり感、グッとくる身の甘みが最高に美味しい伊勢海老のお造り。

これまで色々な料理で伊勢海老を食べてきたが、それでも刺身で食べるのが1番だそうです。

鮮度が良いものであれば臭みもありません。新鮮な伊勢海老は刺身で決まりです。

>>生より新鮮な特殊冷凍の伊勢海老を刺身で食べる方法はこちら

伊勢海老の味噌汁

頭を使ったイセエビの味噌汁
身を刺身にして食べたら残った頭で味噌汁を作るのがお勧めです。

頭や殻から出る上質な出汁と溶け出た海老味噌で出来る味噌汁は、他では作れない濃厚な旨味が美味しい逸品。

この味噌汁を飲みたいがために伊勢海老を頼むと言う人もいる程です。

>>伊勢海老の味噌汁の作り方を知りたい方はこちら

焼き伊勢海老

焼いたいせえび
伊勢海老を他の方法で味わいたいと言う方は焼き伊勢海老。

火を通すことでぷりぷり感が増し、香ばしく甘い独特の香りが広がります。

海老味噌を絡めて食べると濃厚なコクが加わり絶品です。

まとめ

いかがでしたか。

伊勢海老は様々な食べ方がありますが、中山さんは新鮮な伊勢海老であれば刺身とお味噌汁が一番美味しいと言います。

身は刺身、頭は味噌汁と1匹で2度楽しめるのも嬉しいポイントです。

焼き伊勢海老にして海老味噌を絡めながら食べるのもお勧め。刺身、味噌汁とはまた違った味わいを楽しむことができます。

あなたも伊勢海老でちょっと贅沢してみてはいかがですか。

>>伊勢神宮に奉納されている伊勢海老のこだわりをご紹介

>>新鮮な伊勢海老が食べたい方はこちら

シェアする